新村和大(Kazuhiro Shimmura)

京都大学 経済学部 経営学科 卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科 修了(MBA)。株式会社JFEスチール、駿台予備校海外校シンガポール校等、LANGRICH HOLDINGS PRIVATE LIMITED執行役員最高戦略責任者、文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクト プロジェクトオフィサー等に従事。
株式会社Socket取締役、株式会社オモロワークス取締役を経て、現在、株式会社コードタクト取締役最高財務責任者、一般社団法人スタートアップ・リーダーシップ・プログラム・ジャパン代表理事、多摩大学大学院客員教授などを務める。創業期ベンチャーでの経営戦略の策定、事業モデルの構築、財務関連業務を強みとする。

      秦充洋 (Mitsuhiro Hata)

      新規事業開発、ビジネスモデル転換、次世代リーダー育成の支援
      特許庁 知財アクセラレーションプログラム(IPAS) 事業メンター・有識者委員
      NEDO 新エネルギー・産業技術総合開発機構(TCP)メンター
      東京都 産業労働局 未来を拓くイノベーションTOKYOプロジェクト
      ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)にてM&A、事業再生、新規事業、組
      織・人事改革を指揮、株式会社ケアネット(東証マザーズ)創業、共同創業者兼
      副社長として、医師向けサービスの計画立案、事業推進、資金調達、経営管理。
      また、ネットベンチャー社長として戦略立案、実行、資金調達、B2B企業買収などに
      より15億円の売上を達成(前年比20倍)

      著書

      「プロ直伝!成功する事業計画書のつくり方」(ナツメ社)
      監修・執筆 「未来市場 2018-2027」(日経BP社)
      監修・執筆 「未来事業 2018 実践編」(日経BP社)

          堤孝志 (Takashi Tsusumi)

          総合商社に10年間在籍し、4つの新規事業を創出。その後、シリコンバレーでのVCおよび国内でのVCであわせて14年間のキャリアののちに企業内新規事業からベンチャーに至るまであらゆるシーンで事業をインキュベーションするコンサルティング&インベストメントファームを起業し7年目。

          スティーブ・ブランクの直弟子として事業インキュベーションプログラム 『リーンローンチパッド』を提供する。プログラム修了者は1500名超。上場大手企業での導入例も増加中。
          翻訳書として『スタートアップ・マニュアル』、『アントレプレナーの教科書』(共に翔泳社)、『リーン顧客開発』『リーンブランディング』(共にオライリージャパン)、『顧客開発のトリセツ』(自費出版)など。startupbrain.jpで研究成果や最新情報を発信中