About SLP Tokyo

Slider
 

概要

Startup Leadership Program(以下、SLP)は起業家育成プログラムを提供する世界的なネットワーク組織で、2006年にアメリカのボストンで設立されました。プログラムは都市ごとにチャプター(支部)という単位で運営されています。

2016年現在、SLPは、12ヶ国27都市で育成プログラムを提供しています。日本では2013年に東京チャプターが設立され、SLP Tokyoとして活動しています。

プログラムは通常、10月頃に開始され、翌年3月までの6か月間、提供されます。開始に先だって、書類応募と面談による選考がチャプターごとに実施されます。選考をくぐり抜けた受講生は、敬意を込めてフェロー(同志)と呼ばれて、切磋琢磨する関係を築きます。

本ウェブサイトでは、主に東京チャプターの活動についてご説明しています。SLPのグローバルな活動については、こちらのウェブサイトをご覧ください。

 

世界のSLPチャプター

EUROPE & MIDDLE EAST
Lisbon | Paris | Tel Aviv | Moscow | London

INDIA
Bangalore | Chennai | Hyderabad | Mumbai | New Delhi | Pune

ASIA
Beijing | Shanghai | Tokyo | Singapore | Taipei

AUSTRALIA
Melbourne | Sydney

数字で見るSLP

12

都市

27

博士号

160+

卒業生

2200+

スタートアップ

1300+

エグジット

45

資金調達

US 500M+

運営チーム

新村和大 (Kazuhiro Shimmura)
代表理事
経歴を見る
馬場 太久麿 (Takuma Baba)
理事
経歴を見る
樋口 博史 (Hiroshi Higuchi)
理事
経歴を見る
加藤 政樹 (Masaki Kato)
オペレーションマネージャー
経歴を見る
松山先斗 (Sakito Matsuyama)
テクノロジーマネージャー
経歴を見る
廣野淳平 (Jumpei Hirono)
コーポレートマネージャー
経歴を見る

 

沿革

2006年アメリカ・ボストンでStartup Leadership Program(SLP)が発足。
2013年2月SLP東京チャプター(SLP Tokyo)が発足。谷口諭がSLP Tokyo初代代表に選任される。
2013年7月プレイベント「日本発ベンチャーが世界市場を制するには」を開催。
2013年9月SLP Tokyo第1期プログラムが開始。20名のフェローが1期生として参加。
2014年3月SLP Tokyo第1期プログラムが終了。9名のフェローが最終プレゼンテーションを実施。
2014年7月プレイベント「"ぶっちゃけ"インキュベーション・プログラムに入るべきですか?」を開催。
2014年9月SLP Tokyo第2期プログラムが開始。15名のフェローが2期生として参加。
2015年3月SLP Tokyo第2期プログラムが終了。11名のフェローが最終プレゼンテーションを実施。
2015年9月プレイベント『起業家の卵に贈る、起業家の座談会「起業前夜!!」』を開催。
2015年10月現代表 新村和大が東京チャプター代表に選任。SLP Tokyo第3期プログラムが開始。20名のフェローが3期生として参加。
2016年3月SLP Tokyo第3期プログラムが修了。15名のフェローが最終プレゼンテーションを実施。
2016年7月SLP Tokyoの運営団体として、一般社団法人スタートアップ・リーダーシップ・プログラム・ジャパンを設立。新村和大が代表理事に選任。SLP Tokyoのファウンディングメンバーである馬場太久麿、樋口博史が理事に就任。
2016年8月特定非営利活動法人 Startup Weekendのイベント「Startup Weekend Tokyo」にスポンサーとして参加。

 
 

団体概要

団体名一般社団法人スタートアップ・リーダーシップ・プログラム・ジャパン
代表理事新村和大
理事馬場太久麿
樋口博史
設立2016年7月11日 (2013年から任意団体として活動)
事業・決算
報告書
第1期(2016年度) 事業・決算報告書 (download)