未分類

2019年度 第7回プログラム『顧客開発』を実施しました。

Share

今回は“プロ直伝!成功する事業計画書のつくり方(ナツメ社)”の著者、株式会社BDスプリントパートナーズ代表取締役・一橋大学ビジネススクール、早稲田大学ビジネススクール講師 泰 充洋さんによる『顧客開発』の講義でした。

 

まずは、『顧客開発』についてフェロー自身の直面している課題のディスカッション→発表、それについて泰さんからの回答・解説が行われました。

フェローからの質問は、“ターゲットの取捨選択はどうしたら良いか?”“エンゲージメントについて”“顧客がどこにいるのかわからない”“ソリューション提供の標準化・システム化について”など、多岐にわたったが、どの課題に対しても的確な回答が。具体的な事例に即しているため、知見の共有とともに高い解像度で理解ができるとても良い学びとなりました。

 

一通り、フェローの課題についてのセッションが終わると、著書 第3章:”顧客は誰か、何を提供するのか「顧客への提供価値」を考える”の講義に。2段階のターゲティング、ポジショニングの方法、顧客理解の方法について、こちらもディスカッション→解説という構成で深い理解に繋がる良質な学びが提供されました。

 

今回会場は技術で世界を変える志を持つ挑戦者を起業家として育成する、AI特化型のインキュベーター 兼 ベンチャーキャピタルであるDEEPCOREにご提供をいただきました。
当日はDEEPCOREの入居者やスタッフにもご参加いただきました。
SLPはDEEPCOREのようなパートナーのご協力により学びの場の提供を実現しています。ご協力をいただきまして、ありがとうございました!

■受講者の感想

鎌田さん

kamata

– 今日の感想を教えてください

顧客開発をどうすればいいか、足で稼いで直接話すのが一番よい方法と提示されていました。国内と海外進出を目指している私に、同時獲得を目指してもいいんじゃない?とのご意見いただき励みになりました。
展示会で声をかけてくださっ国内の方々にまずは、アポを取って行こうと思います。